【DIYのコツ】購入前の不安解消!「自動計算システム」。

お知らせ, 壁のリフォーム, 壁紙

141117-1_img_wallharf「家庭でできるDIYリフォームのお店 ルームファクトリー」を、いつもご利用いただき、ありがとうございます!

今日のブログ担当は、壁紙ハルコです。

11月も、早くも半ば。こたつやヒーターを出して、いよいよ冬支度というご家庭も多いと思います。今日は、「冬支度ついでに模様替えをしようかな?」と思っている方に、便利な「自動計算システム」をご案内します。

必要分量がわかる!ルームファクトリーの「自動計算システム」

ルームファクトリーは、DIYを楽しみたいご家族を応援する、インターネットショップです。

壁や床、天井、窓を彩るたくさんの商品をご用意し、施工はお客様ご自身で行っていただくことになります。お客様の中には

「壁紙を貼り替えてみたいけれど、どのくらいの分量が必要なのかしら」

と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 そこで、おすすめするのが「自動計算システム」です。

お部屋の壁1面だけに、無地の壁紙を貼ると想定します。

自動計算システムは、3ステップ

1)壁紙を貼りたいお部屋の壁の縦・横・高さをメジャーなどで計る。

横の長さが2.8m、高さが2.4m、開口部(ドアや窓、クローゼットなど、施工をしない部分)はドア1枚で、縦2.0m、横が0.85m(=85センチ)でした。

2)計ったサイズを、フォームに入力する。

 

 

 

 

3)「計算する」ボタンを押す。

141117-3_img_wallharf

 

 

必要数量は8m。※1割ほど多めに算出されています。「販売単位1m」の商品であれば、8m買えばOKです!

壁のほか、床や天井の計算にも対応しています。商品の巾サイズ別にも自動計算システムを展開していますので、用途に合わせてお使いくださいね。

※柄物の場合は柄合わせが必要なので、「自動計算システム」の中でご案内している「縦リピート」をご確認ください。

ちなみに、メジャーで計るときは2人で行うのがおすすめ。きちんと計れるうえ、断然ラクですよ。親子やご夫婦で仲良く計ってくださいね。また、天井までの高さを計るときなど、スチールタイプのメジャーがあると折れないので便利です。

今後、上手な貼り方についてのご案内もしていく予定です。お楽しみに…♪

ルームファクトリー販売サイトへGO
ルームファクトリー販売サイトへGO
お問い合わせ | 運営会社

PAGETOP